センター最新情報


こちらもどうぞ。
クリニックの窓 ~教えて、開業医のホント~(2014年4月号)
わが街の医療最前線(2012年10月23日日刊ゲンダイ掲載記事)
 ※月1000件の訪問診療はウェブサイトの誤植です。訪問診療件数の実績はこちら。

2014年10月1日水曜日

インフルエンザワクチンは1回でも

  今年もインフルエンザの予防接種が始まりました。

  2014/2015シーズンのインフルエンザワクチン選定株は、以下の通りです。

A/California(カリフォルニア)/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09  
A/New York(ニューヨーク)/39/2012(X-233A)(H3N2)  
B/Massachusetts(マサチュセッツ)/2/2012(BX-51B)

  H1N1 pdm09(以前、新型インフルエンザといわれた株)、季節性A型、季節性B型の組み合わせとなっています。

  ワクチンの接種回数については、13歳未満は2回、13歳以上は1回が基本ですが、13歳未満でも以下の場合には1回接種でもほぼ同じ効果が期待できるといわれています。


  今年もインフルエンザワクチンに関するパンフレットを作成しました。こちらもぜひご活用ください。

病気の説明書[9] インフルエンザの予防

0 件のコメント:

コメントを投稿